今年は、色々なことがあって、今までの人生を振り返るいい機会になりました。

というより、まだ越えなきゃいけない壁があるので、総括するには早いのだけど…。

社会人になって来年の3月でちょうど9年になるけど、来年中には今抱えていることを全てクリアにして仕切り直したいと思っていて、これからの自分のキャリアについて考えているタイミングで、経沢香保子さんの下記ブログを読みました。

■自分らしいキャリアは「3つの組み合わせ」で最強になる?!


ブログのなかで引用されている下記記事も、SNSで拡散されていた当初読んでなるほどな~とは思っていたのですが、今回経沢さんのブログを読んで、自分のなかにきちんと落としこめた気がしました。


これは自分の強みだなと思っていることでも、上には上がいるのが現実。

人よりちょっと得意なことはキャリアとして手を出しやすいけど、それで活躍するにはよほど抜きんでている必要があるなーと思います。

じゃあそれを極めるために努力すればいいのか。

もちろんそれも選択肢のひとつだと思うけど、自分自身の考え方や環境や(特に女性は結婚・出産など人生においてのライフイベントの影響を強く受けるし)、世の中の状況はどんどんかわっていく。

そうすると途中で、あれ?って感じになってくるんですよね。

自分の得意なことは、その時点では得意だし自分が心地いいと感じるかもしれないけど、それを極めようと努力を進めた先のそのものが自分らしいかって言ったら、そうじゃなくなってる場合って結構あると思うんです。

image

例えば、わたしは動画をつくるのが好きで、周りよりもちょっと得意です。

友人へのウェディングムービーは毎回好評だし、最近インスタで動画専用アカウントもつくってみたけど(上の写真はそのロゴ)、日常を特別風に切り取ってちょっとした動画をつくるのもすごく楽しい。

でもここで、じゃあ得意な動画制作を仕事にしよう!と考えた場合、それなりのクオリティを求められるわけなので、もう少し撮影編集の勉強をしなくてはならない、など色々な課題がでてくると思います。

普通の人はそっちに舵をきりやすいけど、成功する人や“好き”を仕事にしている人は、そうではなくて現時点での自分の得意を活かしつつ成長していくんだなって。

つまり、このケースでいえば、今わたしが楽しいと思ってるそのインスタ動画制作と、他の得意を組み合わせて、現時点でできることを強みにして進んでいくイメージ。

そもそも、友人へのウェディングムービーもなんでこんなに楽しいのか考えると、「動画制作」×「サプライズ」という自分が人よりちょっと得意で大好きなことの掛け合わせだからだと気がつきました。

image

2016-12-03-02-22-10

3年前につくった動画よりも、今年つくった動画のほうが手が込んでるし、どんどんレベルアップしてるね!と周りも笑っていたけど、それって素直にただ好きだから自然とそうなったんだなって改めて思いました。

毎回自分なりの試行錯誤はあるので大変だけど、好きだから気持ちのいい疲労感というか達成感。

仕事もこうであるべきで、この感覚でいきたいなって。


なんだかすごく大きなヒントをもらった気がしました。

これが正しいかはわからないけど、最近なにかを考え抜きたいときは、その想いを文章にするとしっかりと考え抜けることに気がついたのでブログにしてみました。

考えるだけなら簡単だけど考え抜くって難しいもんね。