家族でドラゴンクエストⅤのオーケストラを聴きに行きました。

会場まで「ドラクエ風に縦に4人並んで歩こうよ~!」というままころりんさまの提案に素直にのる父、弟、わたし。の写真は恥ずかしくて載せられないけど(笑)。

image

このゲーム何回やったかな。プレイしたことがないのにほとんどの曲を知ってるままがその回数の多さを物語ってるけど、とにかく大好きな作品なので、どの曲を聴いてもそのシーンに眠るドラマを思い浮かべることができて、至福のひとときでした。


ところで、ドラクエⅤといえば、ビアンカフローラ論争。(デボラもいるよ~!)

それぞれ魅力はあるけれど、わたしは年齢を重ねて、ビアンカ派からフローラ派になりました。

子供の頃は、見た目もビアンカのほうが好みだったし、おしとやかで一歩さがって男性についていく女性よりも、おてんばで男性と一緒になって色んなことを楽しむ女性に魅力を感じていて。

今もその思いはかわらないけど、このふたりに抱いてたイメージって実は逆だな~と思うように。

リメイク版で興味本位でデボラでプレイしたあと(笑)、せっかくならフローラでもやってみようと思って、色々な会話を見ていくうちに、フローラってものすごく女前だなと感じました。

見た目はお上品で女性らしいのに、肝が据ってるというか、結婚前夜にしても旅の途中にしても、どういう結果になっても全てを受け入れる覚悟をもってるように感じる。

しっかり自分の人生を生きていて、誰といてもどこにいても、たぶんひとりでも、幸せになれる人。

フローラは自分を「守ってもらうしかできない女」って言うけど、どんな出来事も心から楽しんでる様子からは、たくましさしか感じないし、どちらかというとビアンカのほうが主人公がいなければ生きていくことができない、守ってあげなきゃいけない女性なんじゃないかな。

フローラでは2周しかしてないから、ビアンカほど思い出はないし、若干妄想もはいってるけど(笑)。


じゃあどうして絶対的フローラ派ではなく圧倒的フローラ派なのかといったら、ビアンカの主人公のことを夜も眠れないほど想っていて、ずっとずっと好きっていう健気な女心もわかるから。

ビアンカの愛情って、自己犠牲の上に成り立つ愛情深さという感じで、それじゃあ幸せになれないよ…!とか思うけど、その気持ちが痛いほどわかるから、ビアンカを幸せにしてあげたい気持ちも捨てきれない(笑)。

あと、キッズたちは金髪のほうが可愛い(笑)。


とはいえ、リアルに憧れるのはフローラのような女性だし、一緒に冒険していて楽しいのもフローラ♡

絶対ビアンカ!と思ってたわたしが、ビアンカも可愛いけどフローラのほうが圧倒的に魅力的だな、と思うようになった理由でした。

(11の発売も楽しみ…!)