イメコンが好きな人は、たぶんみんなやってるフェイスマッチ

モデルさんが着てる画像に切り取った自分の顔写真をあてるやり方がスタンダードだと思うんだけど、色々試したみた結果、「洋服に自分の顔を合わせるよりも、自分に洋服を合わせるほうがわかりやすい!」と思ったので、最近わたしがやってるやり方を紹介します。




着せ替えフェイスマッチのやり方


使うのはLINEカメラの切り取り機能だけ。

まずは、洋服を合わせる自分の写真を用意して、ハートマーク→ハサミを選びます。

IMG_6974

そうすると、プラスマークが出てくるので、それを選びます。

過去に切り取ったものは、履歴として残るので、コーデを考えたりもできるし、着せ替え感覚で遊べるのも魅力。(ツイッターで着せ替えゆかちゃんって言われてまさに!と思った笑)

IMG_6973

切り取り画面はこんな感じ。

IMG_6975

指で適当に切り取ってもそれなりに仕上がるから雑でも大丈夫!笑

IMG_6979

こんな感じで簡単に着せ替えできちゃいます~!



着せ替えフェイスマッチのメリット


モデルさんの写真に合わせるよりもイメージしやすい

まず、いちばんのいいところは、洋服に自分の顔を合わせるフェイスマッチより、自分に洋服を合わせる着せ替えフェイスマッチのほうが、実際に自分が着たときの感じをイメージしやすい点だと思う。

海外のモデルさんを起用してるブランドの商品写真だと、あまりにも自分と体型が違い過ぎて、…????ってなることありませんか?笑

似合う似合わないは、顔だけじゃなくて身長や体の大きさ、全体のバランスで決まるの思うし、パーソナルデザインの観点でいうと、大きな柄が似合うといっても、その柄が自分にとって大きいか小さいかは体型によるところが大きいから、自分にしっくりくるかこないかは自分や自分と似た体形に合わせないとわかりにくいんだよね。

自分が持ってる洋服のサイズ(ZOZOとかだと比較表が表示されるよね!)と比較すれば、この長さだと膝下ぐらいだから、そうすると肩のへんがだいぶオーバーサイズだな~とか、サイズ感も想像しやすくて参考になる!

手持ちのコーデと合わせて着せ替えを楽しめる

やり方の画像でもわかる通り、切り取った画像は履歴として残るから、自分を着せ替え人形にしてコーデで遊ぶことができるのもすごく楽しい!

(自分のベースとなる写真を最低1枚用意する必要はあるけど)

わたしはよくする恰好を季節ごとに何枚か用意してみたんだけど、そうすると、このコート悪くないけど手持ちの服とは全然合わないな~とか、冷静に検討することもできて本当おすすめ!笑



こんな感じで、このフェイスマッチのやり方に変えてから、現物を見に行けないときのお買い物での失敗がぐんと減ったので、絶対試してほしくてブログにしてみました。

よかったらやってみてください♡